導入文やまとめ文などをうまく取り入れる

一般人が書いた記事を読んでもらうことは難しい

プロブロガーという職名を聞いたことがある人も少なくないでしょう。ブログを通じて広告収入を得て生計を立てている人たちのことです。ブログを書くことで生活していければ会社に出社しなくても済むようになり、その分、自由な時間を持てるので憧れている人もいるかもしれません。 しかし、プロを目指してブログを書き始めても、人に読んでもらうのはなかなか難しいといえます。一般人だけではなく芸能人やスポーツ選手といった人もブログを書いているので、どうしてもそういった人たちにアクセスが集中しがちになるからです。では、一般人がブログを読んでもらうためにはどうすればいいのかというと、やはり文章力を磨くしかありません。いい文章を書ければ検索サイトが評価し、検索結果の上位に表示してくれるようになりますし、そうなればそこから人が流入してアクセス数も増える可能性が高いです。

導入文で引きつけ、まとめで満足させる

では、具体的にどのような点を磨けばいいのでしょうか。サイトの文章に求められるのは、まず優れた導入文でしょう。最初の200字程度で閲覧者の興味を誘うことができないと、閲覧者はすぐ別のサイトに移動してしまいます。記事のテーマや内容を端的に説明するような導入文であれば、そのテーマに関心を持っている閲覧者なら引き続き読んでくれる可能性が増し、もしかしたらブックマークしてくれて再訪問も期待できるでしょうし、記事全体の内容がよければSNSで拡散してくれるかもしれません。
記事の中でまとめを作ることも大事です。上手なまとめは、閲覧者に対して心地よい読後感を与えます。満足してくれればやはりブックマークしたり、拡散してくれる可能性が高くなるので、アクセス数を増やすことができるでしょう。

HP作成に必要なものは、情報を管理運営するためのサーバーです。有料レンタルサーバーを利用するのが一般的です。また、htmlやcssを駆使すればHPの構成を整えることができ、Javascriptを活用すれば動的な要素を加えられます。